犬と暮らして気になったこと

散歩中、犬の毛をむしり放置する呆れた飼い主

老犬の横顔

寒い夜、我が家の夕飯は2日目のおでん。手抜きの食事とはいえ、おつゆがしみ込んだ「おでん」は美味しいものです。

楽しい夕飯の時間は家族でお喋りに花が咲きますが、今晩一番の話題は散歩で歩く河原にごっそりと落ちている大量の犬の毛です。

犬好きな家族でも、不快な気持ちになるフワフワの抜け毛の塊です。

犬の抜け毛を放置して立ち去る飼い主

犬の換毛期、ダブルコートの犬はブラッシングをうっかりとサボると、背中から太ももまで、抜け毛が固まって、ぼさぼさ状態になります。

我が家のミックス犬の大吉もブラッシングするたびに大量の抜け毛が出る季節は、いつもより沢山の毛が、ごっそりと取れるので、結構大変なのです。

ブラッシングをしても、ふと見ると、浮毛に気が付くため、そのたびに大吉おじさんの毛をむしり取ります。お散歩に行く前に、浮いてる毛があれば抜いてからお出かけをします。

そんなに母ちゃん一家はミックス犬・大吉おじさんの抜け落ちる毛を気にするのですが、どうも、世の中には愛犬の抜け毛をどこで処理生しようが、まったかく気にならない人もいるようです。

散歩途中の草むらで見かける犬の大量の毛

土手の草

どうみても犬の抜け毛だろうと思われる、そのフワフワの塊は、風が吹くたびに舞いあがってバラバラになって飛んでいきます。

ある日、いつもの散歩コースで、スリッカーを手にした男性を見かけました。

河原にある小さな公園で、子供さん連れの方や、犬とお散歩を楽しんでいる方がいる中、突然、連れて歩いていた柴犬のブラッシングをしはじめました。

その男性が、犬の体にスリッカーをあてるたびに、フワフワの抜け毛が大量に落ちてきます。

あっという間に、男性の足元には大量の抜け毛の山が出来上がりました。

その抜け毛をどうするのか見ていたら、そのまま放置して犬と一緒に車に乗って去って行ってしまいました。

放置された犬の毛は風に舞う

放置された毛は、風にのって、ふわふわと公園の中を舞います。

母ちゃんは犬と一緒に生活をしていますが、実は軽い犬アレルギーがあります。

公園で遊んでいた子供が、風に舞う犬の抜け毛を楽しそうに追い掛け回しますが、その後ろから子供のママが、

「バッチいいから、触ったらダメ!!」と大声で言いながら子供を追いかけていました。

犬が苦手な人にとって迷惑でしかない置き土産

抜け毛が大量に舞う中の散歩は、大変困るものがあるのです。

犬を飼ってる人間から見てもいい気分ではない公共の場所での犬の抜け毛。

犬が嫌いな方や、犬アレルギーのある方ならもっと不愉快なはずです。

愛犬家の方だって、犬の便や抜け毛の置き土産は嫌な気分になります。

犬が嫌いな方や、あまり好きではない方なら、こんな置き土産は腹立たしいでものです。

犬毛を放置する飼い主に悪気はないのだが

その後も、公園で犬のブラッシングを始める、この飼い主さんを見かけることがありました。

ちょっと嫌味かとも思いましたが、

「いつもワンちゃん綺麗にブラッシングしてるんですね」と話しかけたら、

「こいつは、体をブラシで撫でると、気持ちよさそうにするんで、いつもしてるんですわ」

とニッコリと笑いながら答えてくれました。

飼い主さんには悪気はないものの、やっぱりいい気分ではないものです。

それなら、犬の毛そのままにしておくのは、やめたほうがいいですよ!

と、一言いえばいいものの、気の弱い母ちゃんは言えなかったのです。

たまに悪気があってしてる人もいる

この男性以外に、犬の毛をむしり取っては公園内に放置する女性がいるのですが、こちらは自宅で犬の毛を始末するのが面倒といった理由で、公共の場所で犬の毛をむしり取って抜け毛を放置していました。

この時は注意しましたが、すごい目つきで睨み返され怖い思いをしました。

この時以来、一言声をかけるのが、怖くなってしまった母ちゃんです。

スポンサードリンク