犬と暮らして気になったこと

犬もオシッコの回数が増える季節。何度もトイレに走ります

トイプードルと見つめあう

日中は暑くっても、朝晩はかなり涼しくなりました。

涼しくなると、犬のトイレの間隔も短かくなります。

涼しくなってから、しっかりとお散歩も行くのですが、おしっこの間隔が短くなった6ワンコ、外でしてきても、家でのトイレもしっかり使用しています。

特にいつも沢山の水を飲むミックス犬の大吉と黒トイプードルの空

トイレに向かう回数も多いのですが、オシッコの量もおおいため、我が家のペットシーツは、すぐに吸収力限界に達するのです。

老犬達は犬用トイレまで歩くのも大変です

お散歩も励ましながらでないと、歩けないミックス犬の大吉おじさん

微かな光を頼りに、室内を歩くトイプードルの花母さん

元気な犬達は室内の犬用トイレに行きたいときに勝手に行ってくれるので心配はないのですが、時々トイレに行くまでに彷徨ってしまう老犬がいる我が家。

叱っても治るものでもないし、かといって、母ちゃんがいつもトイレの前で見張っているわけにもいかず。

毎日、どこかにおしっこの跡がないかと、雑巾と臭い消しを持って動きます。

それでも夏の間は、おしっこの間隔が長かったため、そんなにあちこち拭いて回らなくてもすみます。

しかし、急に涼しくなると、何度も膀胱炎を繰り返した風花や、膀胱におしっこを溜めておくことが難しくなってきた大吉のトイレに向かう回数が増えます。

そうなってくると母ちゃんの立ったり座ったりの回数が増えてしまうのです。

オシッコの回数が増え晴れた日は犬の洗い物がいっぱいです

こちらを見つめる2匹の犬

天気がいい日は山盛りの雑巾と敷物、犬のマットを洗って干す我が家

トイレシートに顔は入っているのにお尻がシート外のため、ダダ漏れ状態のミックス犬の大吉おじさん

オシッコを寝床のマットや敷物の上でちびる白トイプードルのミルク爺

トイレが間に合わなくって、そこらへんで時々ちびるアプリトイプードルの花母さん

おしっこをハウス内でちびったら、母ちゃんにかまってもらえると、誤ったことを覚えてしまった白トイプードルの小雪姉さん。

お利口にトイレシートでしてるのに、ちょっと立ち位置がわるくって、おしっこがトイレシート以外に飛び散る黒トイプードルの空

家族だから仕方がないか・・・と思いつつちょっとだけイラッとしてしまう母ちゃんです。

それにしても6匹中、おしっこを毎日失敗しないのはトイレに向かう回数が多いレッドトイプードルの風花だけなのは、なんとも飼い主としては頭が痛いものです。

オシッコをペットシート以外の場所でしてしまう癖が治らない

カンファペット

犬のトイレの前で母ちゃんが見張っていれば失敗はほとんどありません。

でも、ちょっとでも目を離せば、我が家の廊下は犬の「おしっこやウンチ」が、まるで罠が仕掛けられたような状態になります。

寝ぼけて2階から降りてくる娘は、しょっちゅうこの罠にかかってしまい毎回大騒ぎです。

マーキング防止に消臭剤は必要です

それと、お客様ワンちゃんが、我が家の6匹の粗相したあとの臭いをかぎつけ、マーキングをしてしまうこともあります。

母ちゃんは、この行動に特別何も感じませんが、お客様がとても申し訳ないと思ってしまわれるため、ペットシーツ以外でしたは排泄の後は、しっかり消臭しておかないといけないのです。

犬用のトイレに一個、リビングに一個!消臭剤はいつでも手が届く場所に置いてある我が家。

できる事なら消臭剤に頼らない生活をしてみたいものです。

スポンサードリンク