犬と暮らして気になったこと

犬のサマーカットは皮膚トラブルと熱中症に注意が必要です

クールウェアの犬

こんにちは。今日も暑い一日が始まりました

犬は人間よりも暑さに弱く、皆さんも暑さ対策としていろいろと工夫されていると思います。

長時間ワンちゃんだけをお留守番されるときには、エアコンをつけたまま外出するのは、今の日本の暑さでは、ほぼ当たり前の行動となっています。

また、少しでも天然の毛皮の暑さから解放してあげたくって、ワンちゃんの毛を短くカットしてあげたい!

飼い主さんの親心から、トリミングサロンは大忙しだとニュースで流れていました。

愛犬への暑さ対策が皮膚を傷めつけている可能性

モサモサの黒トイプードル

夏の暑さ対策としてワンちゃんにサマーカットをされる方が最近は多くなってきました。

久しぶりにお会いするワンちゃんが、まったく違うワンちゃんになってしまうほど、短く刈り込まれてしまっているときもあります。

最近では、、トリミングサロンでもサマーカットを暑さ対策として、おすすめされることもあるそうですから、かなり当たり前になっているのかもしれません。

でも、このサマーカットで短くカットすることは、かえって逆効果なんです。

犬の毛を短くしすぎると暑さは防げない

犬の毛並みは防寒のためだけではなく、外からの刺激から体を守る役目もある大事なものです。

犬の皮膚は人の皮膚よりも弱いため、毛を短くしてしまうことで紫外線で皮膚が刺激されてしまって炎症を起こすこともあります。

また、むき出しに近い状態では、虫に簡単に刺されてしまいます。

犬の熱中症対策にはならないサマーカット

犬はお散歩などで地面からの熱風を人よりもうけやすいはずです。

体温を調整し、皮膚を保護してくれる毛並みがないということは、熱を上下共に直接体にうけてしまい、かえって体が熱く熱を持ってしまうことになってしまいます。

地肌が見えそうなくらいカットしてあげれば、犬が夏の間、涼しいだろうと人間の勝手な思い込みでしてしまうサマーカット

短くなればなるほど、体に突き刺さるような熱風を直接体にうけていることになっていることを知れば、トリミングをお願いするときにかなり注意をしたくなるはずです。

また、犬は老化とともに毛量や毛の伸び方が悪くなってきます。

サマーカットをされる場合は、犬の年齢、毛量などしっかり考えたうえでしなければいけません。

被毛を保護するための犬服だって必要な事もある

体を保護している毛をカットしすぎてしまって、後悔してもすぐ元に戻すことはできません。

また、カットしていないワンちゃんでも、夏のお出かけ時に体が熱をもってしまい、かなり体力を消耗してしまうこともあります

そんな時には、体温調節や皮膚の保護のためにも夏用犬服の着用をおすすめします。

夏場に犬に服を着せて歩いていると、たまに非難されることもあります。

でも、犬服も進化をし続けていまして、UVカットやクール素材など、夏場の暑さや紫外線から、犬達の体を守るためのものが、沢山販売されています。

上手に犬服を使って暑さ対策をしてみてください

サマーカットが原因で毛が伸びにくくなる犬もいる

暑いだろう=できるだけ短くカット

そう考えるのは、少し考えるほうが愛犬のためです。

トリマーさんに暑さ対策のため、短くカットしてくださいとお願いしてスッキリとしたワンちゃん

でも、秋が来てももとの毛並みに戻らなくって、大変後悔してしまった飼い主さんに時々お会いすることがあります。

この問題は、ダブルコートのワンちゃんに多いようでして、バリカンで丸刈りに近い状態にされてしまったことで、毛質が変わったり元の長さまで毛が生えなくなったりしてしまうようです。

ぜひ、このことを知ったうえで、トリマーさんに夏場のカットのご相談をしてみてください

スポンサードリンク