ドッグフード

ドッグフードの量を守っても太る犬・痩せる犬どうしてなの?

プレミアムドッグフード

あなたは愛犬の体重管理ちゃんとできていますか?

ドッグフードのパッケージ裏に記載されている給与量をきちんと守って愛犬に食べさせていますか?

ドッグフードの給与量をキチンと守っているのに、なぜか太ってしまう悩みをお持ちの飼い主さんは意外と多いものです。

反対に、給与量を守って食べさせても、なぜかガリガリで心配な飼い主さんも時々いらっしゃいます。

愛犬にとって最適なドッグフードの量は同じ犬種で、同じくらいの体型でも微妙に異なることがあります。

しかし良く考えれば、それはあたりまえの事なのです。

犬だって代謝や運動量などで違う消費カロリー

甘えるトイプードル

ドッグフードのパッケージに記載されている給与量は、あくまでも参考量です。

体を維持するエネルギー量は、運動をよくするこ・筋肉量の多い犬妊娠中の母犬などなど、犬の生活習慣や、状況、年齢などによって、必要なエネルギーは変わるのが当たり前です。

人間でも、同じ年齢、性別そして同じくらいの身長の人でも、同じ量のエネルギーを摂取しても、

・痩せている人

・太りやすい人

・ちょうどいい体型の人

いろいろいるのと同じように、犬だっていろいろなのです。

毎日きちんと給与量を計量してドッグフードあげてるのに太るとか

一日この量と書かれてるから食べないと栄養が足りないのでは?

痩せているけど、給与量より沢山あげると、すぐに太りすぎてしまわないの?

などなど、ご心配される方もいらっしゃいますがあまり真剣に悩まなくっても大丈夫!

ドッグフードの給与量は、愛犬にあげる食事の目安量として考え、それぞれの体つきに合わせて、フードの量を調整してあげるのが飼い主さんの大事な役目なのです。

愛犬の体格は体重測定だけで判断しない

ドッグフードの量を調整すればいいのが分かっても、いったいどのくらい増減させればいいのか、迷ってしまうこともあります。

まずは、家族である愛犬の体格をチェックしてみてください。

体重測定もよいでしょうが、実はこれも信じすぎるのはダメです。

しっかりした筋肉を持つ犬ほど、見た目はスッキリとした素敵な体型をしているのに、体重は重いものです。

このくらいの体格の犬なら、このくらいの体重じゃないと太っていると思い込んでしまって、ヘンにダイエットをして、大事な筋肉を減らしてしまうのはいけません。

太っているか痩せているかは、体重測定以外からも判断しないといけません

見た目と触った感触を5段階で判定する方法ボディー・コンディション・スコア(BCS)

理想体重と実際の体重の比率で、5段階に分けられます。

1:痩せすぎ

理想体重に対する比率85パーセント以下。

特徴:肋骨がさわれます。腰も浮かび上がって見えます。

2:痩せている

理想体重に対する比率86~94パーセント

特徴:肋骨はごく薄い脂肪に覆われ、腰の皮下脂肪もわずかです。

3:理想体重

理想体重に対する比率95~106パーセント

特徴:肋骨はわずかな脂肪に覆われ、腰はやや厚みのある輪郭です。

4:太り気味

理想体重に対する比率107~122パーセント

特徴:肋骨は脂肪に覆われ骨が触りにくい。腰は厚みがあり、どうにか骨に触れる。

5:肥満

理想体重に対する比率123パーセント以上

犬の標準体型

この方法を覚えておくと、体重だけで犬の体格を判断しなくてもいいので、ワンちゃんの体をマッサージしながら、体型の変化を確認するのがドッグフードの量を決めるのに目安となります

ドッグフードの量の加減は急激にはしない

オーガニクス

我が家の給与量の決め方は、ものすごくいい加減です。

犬6匹、それぞれのフードを各食器にザッと入れて目で確認後、多ければ減らし、足りなさそうなら増やしで毎日の食事量を決めています。

ただし、老犬の多い我が家では、犬の体調によって運動量にむらがあるのと、定期的にドッグフードの種類を変えたり、手作りゴハンを足したりもしますので、体型、体調にあわせながら微調整はしています。

ドッグフードの種類によっても、犬の消費エネルギーは微妙に変化します。

小型犬ならちょっと太ったなと思えば、ドッグフードを2~3粒減らし

もう少しふっくらさせたいのならドッグフードを2~3粒増やし

愛犬の様子を見ながら、もう少し増やす、減らすをして調整する事で無理なく体調を管理できます。

痩せすぎや太りすぎになる前に家族が少し注意するだけで、犬に負担がかからず理想の体型を維持できるのですから、犬と遊びながらボディチェックをしてみましょう!

潜在酵素の量が少ない事が原因なのかもしれない

犬がどんなにたべても太らない。少量しか食べていないのにすぐ太ってしまう。

愛犬の体重の悩みは、ドッグフードの素材そのものや、量、運動量などの見直しで解決することがあるのですが、なにをやっても上手くいかない場合もあります。

このような場合に考えられるのは「潜在酵素」の減少です。

人間も動物も、生まれたときから「潜在酵素」を持っています。

この潜在酵素は、年齢と共に減少していくだけなのです。

そして、酵素は食べ物を消化吸収するためにも大変大切な役目を持っています。

潜在酵素が少なくなってくると、食べ物を消化・吸収する力が弱まることで、栄養として使われなくなるため痩せやすくなり、体が弱ってしまいます。

また、潜在酵素の減少によって、代謝をする力が弱くなってしまうと、十分なエネルギーとして使われず太りやすくなってしまうのです。

潜在酵素の減少によって、消化吸収や代謝が悪くなることが体重のコントロールを難しくしている事も考えられます。

毎日の食事に酵素の入ったサプリメントや、生の食材をプラスすることでしか減ってしまった酵素を補うことができません。

どうしても体重が増えない

どうしても体重が減らない

このような時には、酵素を補うことも愛犬の体調管理のために考えてみてください

サプリメント
犬も酵素や乳酸菌の効果に慣れちゃうの?サプリメント見直してみました我が家は犬達のアレルギー症状や、食糞の問題にずっと悩んできました。 これらの問題を改善するために、乳酸菌や酵素のが配合されたドッグ...

スポンサードリンク