犬のしつけ、飼い方

犬の多頭飼い。しつけは一匹目よりも2匹目が楽になる理由

きょとんとした表情のトイプードル

母ちゃんは何かに夢中になると食べたり飲んだりは忘れないのに、他の事はきれいさっぱり忘れてしまいます。

そのとばっちりをいつも受けるのが、我が家の6匹の愛犬たち。

約束していたお出かけも忘れる・・・

時には「おやつ」をテーブルの上に広げておいて、ワンコ達にあげるのを忘れる・・・

多頭飼いで犬が6匹もいるのに、母ちゃんの忘れっぽさにワンワン吠えて文句を言うことが少ない大変お利口な犬達です。

飼い主の仕事が終わるまで寝ながら待つ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

仕事が忙しいときには時間を忘れてしまい、愛犬6匹をハウスに入れたまま気が付くと日が暮れてしまうことも多々あります。

酷い時には、お散歩に行く時間が無くなってしまうこともあります。

母ちゃんが熱中している横で、おばあちゃんがせっせとワンコ達の世話をしてくれるのですが、おばあちゃんだってお出かけをすることもあるわけです。

そんな日の我が家のワンコ6匹は、母ちゃんの仕事が終わるまでじ~とハウスの中で待ち続けてくれます。

愛犬4匹、最初からケージで待てたわけではありません

どの犬も、最初っからお利口に待てたわけではありません。

ミックス犬の大吉とトイプードルのミルクは、母ちゃんが外出している間に、サークルの上に設置していた屋根の部分の隙間から脱走!

そして必ず母ちゃんのベッドの上で、2匹がはしゃいで遊んでいた形跡がありました。

トイプードルの花は、ハウスの中の敷物を全部噛みきってしまい食べてしまい大騒ぎになたこともあります。

トイプードルの小雪はお留守番が分かると同時に、ハウスの中でおしっこをして、出かける直前の母ちゃんが何度もため息が出たことがあります。

母ちゃんがいない解放感で遊びまくるオス2匹と母ちゃんがいない淋しさで困った行動をするメス2匹

ハウス=安全な場所にしらないうちになっていた

でも、この困った癖も知らないうちになくなりました。

ハウスに入ると褒められる。お利口さんにお留守番ができると褒めてもらえる。そう覚えだしたころから、母ちゃんの腹が立つ行動は、まったくなくなっていました。

多頭飼いの犬は先住犬の真似をする

トイプードルの空&風花は、パピー時代に、ほんの少しクゥーンクゥーンと鳴いただけで、なにも困った行動をしませんでした。

この2匹、先輩ワンコの行動をじっと見る癖があり、どんなことをしたら、

母ちゃんが怒るのか!

母ちゃんが褒めるのか!

母ちゃんが喜ぶのか!

じ~と観察して、要領よく生きていく人間の末っ子と同じです。

トイプー風花は母ちゃんの視界にはいるようアピールする

母ちゃんが忙しくパソコンい向かっている間は、犬5匹はいびきをかきながら眠っています。

ところが、うっかり船をこぐことはあっても眠らない犬が一匹います。

ハウスでお利口さんにして待っていれば、きっと母ちゃんから褒められると信じて、作業をする母ちゃんをハウスの中からじっと見つめるのは、トイプードルの風花

ケージから出してほしい犬

かまってほしくなると、前足が必ずこの位置になるのは、トイプー風花のお姉ちゃん小雪も一緒ですから、このしぐさは、トイプー小雪から学んだって事でしょうかね?

6匹全員リビングに出てても母ちゃんの視界に入る場所で、熱い視線をぶつけてくるのは、トイプードルの風花だけ。

ちょっとふてくされた犬

母ちゃんが立ち上がれば、視線だけす~と母ちゃんに合わせて動く!!

興味津々の顔をした犬

黒トイプードルの空は、母ちゃんが忙しいと、おばあちゃんにくっついて歩きまわるババコンわんこ。

シニア4匹は、それぞれ勝手に居心地のいい場所を探し、グーグー眠っているのに、なぜかトイプー風花だけは眠らず母ちゃんの行動を見張っています。

いったい誰から学習したのやら?

犬を長時間待たせてしまうのは学習能力のない母ちゃんの問題です

今回、母ちゃんが長時間パソコンと格闘しているのは、ブログの中身と新しいサイトの作成中のためです。

何度も同じ作業を繰り返しているのに、学習能力のない母ちゃんですので同じことで失敗ばかりしています。

何処をどういじってカスタムしてるのか、きれいさっぱり忘れるため時間ばかりがかかってしまっています。

母ちゃんの学習能力は衰えるばかりなのに、ワンコ達の学習能力は衰えることを知らない我が家です。

スポンサードリンク