老犬との生活

老犬がペットシーツを食べる!おもらし対策に新聞紙を使うしかない

グッタリ眠る老犬

我が家のミックス犬「大吉」のケージの中は、新聞紙が敷き詰められています。

以前はタオルシーツを敷いていたのですが、タオルのループを引き抜いて遊ぶのを覚え、引き抜いたタオルの糸を口の中に入れてしまうため、タオルの使用は禁止となりました。

しかし、タオルの使用禁止で困ったことが発生!

時々おもらししてしまう「おしっこ」を吸ってくれるものがなくなったのです。

ペットシーツをケージに敷き詰めるができません

新聞紙の上で眠る老犬

一日に最低一回は、犬のトイレまで間に合わなくって、ケージの中でおもらしをしちゃう大吉おじさん。

中綿入りのキルティングマットやクッションも食い破り、口の中を中綿だらけにしたこともあるため、タオルシーツに変えたのですが、タオルシーツのループを引き抜くことを覚えてしまいました。

タオルシーツが使えないとなれば、おしっこを吸収してもらうためにペットシーツを使いたくなります。

でも大吉おじさん、過去にペットシーツをビリビリにし中の吸水ポリマーを食べたこともあり、現在でも舐める困った癖を持っているのです

吸水ポリマーを舐めて、お腹に入ってしまっては大変です

消化液が吸水ポリマーに吸収されてしまい、胃腸を刺激したり、消化不良を起こすこともあります。

危険を回避するためにも、ペットシーツの使用はだめなのです

スポンサードリンク

消臭効果のある新聞紙を犬のケージに使ってみる

タオルシーツもダメ!

ペットシーツもダメ!

なにも使えないのは、おもらしをした時、かなり悲惨な状況になります。

というより、なりました・・・

朝、母ちゃんが起きたら、おしっこで水たまり状態になっているケージの中、大吉がへたり込んでいました。

最悪な状態です。

そこで、消臭効果のある新聞紙をケージの中に敷き詰めたわけですが、トイプードルのミルク爺とは違い、新聞紙さえビリビリにして遊び出す始末

ミルクの横顔
老犬の無駄吠えで寝不足にならないための対策してみた我が家の老犬たちは、今年の寒さも乗り切れそうなほど、毎日ガッツリとドッグフードを食べ、おやつの時間になると、おやつBOXの前で、待機する...
ケージの中で暴れる老犬

そして、ビリビリにした新聞紙の上では眠れないと、母ちゃんに向かって文句を言いだします。

問題はこの後・・・

吠えるのはいいのですが、腹部に力が入ることで、「おしっこ」もですが、時々「うんこ」まで出てしまいます。

ミックス犬の大吉おじさんの体から、自然に出てしまったものは、ビリビリに破られてしまった新聞紙で拭きながら、ケージの中を始末する毎日

新聞紙はタオルやペットシーツと違い、オシッコの吸収に力は発揮できません。

でも、じわじわと吸い込んでくれる時に排泄物の臭いを吸収してくれるのは、大変ありがたいものです。

破られた新聞紙をすぐに替えてはあげられない

新聞紙をボロボロにする老犬

大吉おじさんがビリビリにした新聞紙

「取り替えろ」と大吉が吠えて、母ちゃんもさっさと取り替えますが、ちびることがない時には、吠えようが、暴れようが、しばらく無視しておきます。

そうすると、納得がいかない表情をしながら、破れた新聞紙を、自分でかき集め深いため息をつきながら横になる大吉おじさん。

毎日、トイプードルのミルク爺と、ミックス犬の大吉おじさんのために、せっせと役立ってくれている新聞紙

毎月朝刊を購読している理由が、新聞の記事を読むためではなく、老犬達のためになっている我が家です。

スポンサードリンク