老犬との生活

老犬はトイレが近くなる。おしっこが我慢できないトイプードル

ミルクの横顔

今日も我が家の6匹のワンコ達は元気です

老犬4匹は体調の変化が大きいですが、こちらもそれなりの生活を送っています。

ミックス犬の大吉は元気よく室内を徘徊し、アプリトイプードルの花は軽く生理が始まってイライラ

白トイプードル小雪は最近トイレ以外でわざとオシッコする頻度が増えました

それぞれが年を取って、我慢することも少なくなり結構好きな事をしながら生活をしています。

 

老犬になって、しっかり者のミルクが変わってしまった

歯が抜けてしまった老犬

その中で最近一番困っているのが白トイプードルのミルク爺です

歯がほとんど抜けてしまい、口元がだらしなくなってしまったせいか、すぐに口元がべちゃべちゃになってしまいます

オシッコの感覚が短くなって、ハウス内での失禁率も高くなりトイレをどうするかが課題なのです。

いつでも犬用トイレに行けるよう出しっぱなしにしていても、なかなかトイレに行きたがりません。

結局、ハウス内をおしっこで汚すようになってしまいました。

保護先から我が家に初めて来た日から、トイレに失敗することもなかったミルク

母ちゃんのベッドに入るときには、必ず排せつを済ませてくるしっかり者のミルク

それが今ではトイレシートに行くのも嫌がり、お散歩の時間まで、おしっこが我慢できません。

どんな病気になってもハウス内を汚すことがなかった犬だけに、老化によって排せつがコントロールしにくなったミルクに、家族の方がショックを感じています。

ケージにトイレを設置するか?おむつをつけるか?

ハウス内にトイレを設置することも考えました。

でも、我が家に引き取ったときから自分のハウス内のトイレを使うことを拒絶し、体調が悪い時でさえ犬用トイレに必ず行ってたミルク

それでも老犬になった今ならペットシーツをハウス内に設置したら使ってくれるだろうと思いましたが、思いっきり前足でぐちゃぐちゃにしてしてくれました。

そして裏返ししたうえでオシッコをするものですから、朝、母ちゃんが起きてきたときにはミルクはオシッコでベタベタです。

おむつかマナーパットも検討したけど過去にビリビリに引きちぎってしまったし、

ハウス内に置いたトイレーシートは、必ず破壊するほど大っ嫌いです。

ハウス内でしてしまったら汚れた敷物を早く変えてあげるしかできません

ケージの中が汚れると綺麗にしてもらえるまで鳴きます

ミルク爺自身もハウスが汚れるのは辛いようで、オシッコを敷物の上でちびってしまうと必ずハウス内で大騒ぎが始まります

母ちゃんが気が付いて取り換えれば、また静かに眠りだします。

毎日がこれの繰り返しです・・・

老犬ライフは失禁をあきらめることも大事

冬の間は、トイプードル花母さんの失禁騒ぎで、ほぼ毎日コタツ布団の洗濯をしていましたが此方は気温が高くなると同時に収まりました。

ただ、これから秋になり冬が来れば、失禁やオシッコをちびる回数も増えるでしょう。

着古したTシャツや使い古したタオル類は捨てずに、すぐに手が届く場所に置いておき次々取り替えていきます。

子犬の世話は成長する喜びがありますが、老犬の世話は先に別れが見える辛さがあります

まだ数年この状態が続く母ちゃんとワンコ達。

怒らず焦らず・・・今日もゆっくりとした時間の我が家です

[kanren postid=”23549″]

スポンサードリンク