ミックス犬「大吉」の話

老犬「大吉」美味しい匂いのする場所に執着をする

小さな店

我が家の老犬3匹は毎日、眠っていることが多くなってきてます。

名前を呼んでも目を開けることが少なくなったのに、「ゴハンだよ~」「おやつだよ~」の言葉には、耳をぴくっとさせます。

目を開け、のろのろとですが体を持ち上げ、さまよいながらもドッグフードやおやつの匂いのする場所にゆっくり歩いてきます。

老犬3ワンコ、食べ物には素早く反応する

プレーントリーツ

そんな老犬3匹、大吉・ミルク・花は特におばあちゃんの「おやつだよ~」「ゴハンだよ~」の声には、ぴっと顔を上げて、真剣な眼差しをおばあちゃんに向けるのです。

まだまだ若いトイプードル空・風花、13才になっても様々なことに興味のあるトイプー小雪に比べると、老犬3匹は生きていくために大切なこと以外は動きたくないようです

不思議な行動をするミックス犬「大吉」

普段はあまり動きたがらない老犬の大吉ですが、なぜか夜と朝だけ、リビング横のおうちショップの入り口にすたすたと歩いて行ったと思ったら、ぼ~と立ったまま動かなくなります

鼻先を入り口に置いたゲートの間に突っ込んでよだれを垂らしてる時もあります

大吉~大吉~と何度も呼ぶと

覗き見する老犬

ちょっと体をバックさせ暖簾の下から、こちらをチラ見

母ちゃんが呼ぶのを止めて作業に戻ると、またお店の入り口に鼻を突っ込みうっとりした感じでぼ~と立っています

この姿、まるで食べ放題のレストランで入店待ちの食いしん坊なおじさんみたいです

怪しい大吉おじさんの行動を許せない犬

無理やりゲートをこじ開けて商品を食い荒らすことはないので、お店の中の商品は食べさせてもらえない事を納得するまで立たせておいてもいいかなとは思うんですが

この黒トイプードルが、この行動を許さないのです

首を伸ばすトイプードル

「店、覗いてるんじゃないじょ~」とばかりに、大吉おじさんに吠えるは、太ももに食らいつき、引っ張ろうとするはで大騒ぎです。

仕方がないので、作業の手を休め大吉おじさんをリビングまで戻すんですが、この間も太ももに食らいついて離さない空

ちょっと後ろが気になりながらも鬱陶しい空に負けて自分のクッションで

飼い主に背を向ける犬

拗ねて眠ってしまいました・・・

老犬が食に対する執着があるのは元気な証拠

散歩は辛そうに歩くのに、おうちショップの入り口にだけは執着し、目的の場所に行くのには、すばらしく軽い足取りで歩く姿は笑えるものがあります。

食いしん坊の気持ちがなくならないうちはまだまだ元気なんだと、家族で笑いながら話すのですよ。

スポンサードリンク