老犬との生活

老犬の繰り返す失禁はヒートによる頻尿が原因かもしれません

外を見ているトイプードル

4月になったとはいえ、まだまだ朝晩は冷え込み、人も犬も「こたつ」が恋しい日が続きます。

でも、今年の春は今までよりも早く「こたつ布団」を丸洗いしなくてはいけなくなりました。

今までトイレを失敗したことがほとんどないトイプードルの花が、今年は何度もこたつの布団の上で「ちびる」ようになってしまったのです。

こたつで「ちょっとお昼寝」をすると、鼻にぷ~んとアンモニアの臭いがするようになった我が家

いったい、花はどうしておしっこをちびるようになってしまったのでしょうか?

コタツ布団に何度もオシッコをちびる犬

最近、こたつ布団は日に数回おしっこで濡れるようになりました。

最初の頃は、雑巾で何度も布団を叩くようにして拭き、消臭剤も使って対応していましたが、あっちこっちにオシッコでコタツ布団を汚してくれるようになってしまい、拭いても拭いてもおいつきません。

だんだんと悪臭が漂うになってしまったリビング

オシッコで布団が汚れたこたつ布団を洗濯することにしたのです。

しかし、毎日掃除しようが、洗おうが追いつかない増える「おもらし」

たま~にする風花の嫌がらせおしっこだけなら、ギリギリまで消臭剤に頼りながらこたつ布団は使っていたでしょう。

老犬がオシッコしたいと意思表示をしなくなった

でも、今回のオシッコ騒動はすべて花母さんが原因です。

機嫌が良いトイプードル

子犬時代からトイレを失敗することがなく、トイレに行くのに扉が閉まっていれば、カリカリと扉を叩き教えてくれる、とってもお利口さんだったトイプードルの花母さん

今も食事の前やケージから出したときには「トイレ行きたい」をちゃんと意思表示してくれます。なのに、いつもはオシッコっをしない時間に、何度もちびるのか?

それが気になって、何度もおしっこをちびってしまう花母さんをじっと観察してみました

じっと観察していると、いつもオシッコをする時間以外に突然立ち上がっては、背中を少し丸めて、ぼ~と座ってるのか立ってるのかわからない姿勢で、お布団の上でおしっこをしてしまうのです。

おしっこが出た後も同じ姿勢でボ~としてることもあるのです。オシッをするために腰をちょっとだけ落とすポーズもしません。

花母さん、失禁が始まってしまったのか

オシッコがでたのも気が付かないのか、暫くボ~としているうちに足元がおしっこで濡れだすと、慌ててその場所を離れるのです。

緑内障のため視力を失っている花は、前足に触れる物の感触で動くことが多いため、自分でおしっこをした意識はなくても、足が濡れたことで場所を移動したように見えます

体調が悪く上手くコントロールできないだけなのか

しかし、失禁が始まってしまったのなら、自分のケージの中でもしてしまうでしょうし、コタツ布団以外の場所でもするでしょう?

なぜコタツ布団の上だけでするのかは、かなり疑問が残るところですが、温かいコタツの上で眠っていて、寝ぼけてオシッコをちびってしまったのかもしれません。

それとも、季節の変わり目のせいなのか、最近体を動かすのも辛そうな花ですから体調が悪い事でおしっこの間隔がおかしくなっているのかもしれません。

ヒートの期間中はオシッコの感覚も短い

花は若い時からヒートが来るとトイレ間隔が短くなります。老犬になってからは、ヒート中は夜から朝まで、トイレを我慢できなくなってきました。

リビングで好きなように過ごす時間も、ひっきりなしにトイレに向かって、少しずつオシッコをするようになりました。

もしかしたら、体調の悪さとヒート中の頻尿が重なって、膀胱の機能が弱くなっているのかもしれません。

老犬が失禁してもイライラしない工夫をする

これから暖かい季節がやってきて、ヒートが終わると失禁回数も減るかもしれません。

失禁した場所、現場を見つけても叱らず、怒らず、ただただ平常心で片付けることが、飼い主の役目と黙々とおしっこの後を始末していましたが、やっぱり室内の臭いはきになります。

こたつも片付け、簡単に拭き掃除ができるようにしました。

犬達が大好きなクッションやタオル類は予備を準備し、汚れたらさっさと洗濯できるようにしました。

これで、花母さんが失禁してしまってもイライラせずに済みます。

吐く、ちびる、食べない、うまく歩けない毎日体調が変化する老犬たち。

犬が飼い主の都合に合わせる生活から、飼い主が犬の体調に合わせて行動する毎日に変わった我が家です。

スポンサードリンク