犬多頭飼い生活

老犬達に「今日も元気?」の声掛けが毎朝の日課です。

秋の公園

桜の季節が過ぎるまで気温も安定しない日が続きそうですが、このお天気の変化は老犬たちにも辛いようです。

我が家の老犬、ミックス犬の大吉おじさん、トイプードルのミルク爺は季節の変わり目のせいか毎日体調の変化が激しいです。

2匹とも食欲はあり、フードもおやつもすべて完食してくれるのでまだまだ大丈夫!!と思ってはみるものの

「ゴハンだよ~」のおばあちゃんの声に、体を持ち上げるのもしんどそうなトイプードルのミルク爺をみていると心配になるのです。

老犬は季節の変わり目に体調変化が激しい

 

丸くなって眠る老犬

母ちゃんが少し体を持ち上げると、よたよたフードまで歩いていきます。

「おやつだよ~」の声にも反応はしますが、せっかく心地よく眠っている場所をどいて、黒トイプードルの空に取られるのが嫌なのか、鼻を数回クンクンさせただけど立ち上がろうとしません

でも、皆一緒に歩く散歩は大好きで今日も嬉しそうに歩いてました

時々、家の中を尻尾をフリフリしながらうろついて、壁や食器棚にぶち当たり、立ち止まっては尻尾をだらんと下げるミックス犬の大吉おじさん

なにをしたいのか、まったく母ちゃんにはわかりませんが、多分、大吉おじさんも意味があって動いてるようではないです

眠たいだけの老犬

耳の聞こえが悪くなって、名前を呼んでも知らんぷりなのに、「おやつ」「ごはん」の言葉には素早く振り向き、足取りも軽く小走りで食べ物の向かってきます。

お散歩で歩くのは非常に辛いらしくプードル軍団の後ろをよたよたと引っ張られながらついて歩きます。

犬の15才は体調の変化が大きい

今年15歳の2匹。犬は7歳でシニアと言われますが、今どきの7歳の犬は若くて元気です。

10歳になるころには、以前より体力がなくなったなと感じます。

13歳になると、目に見えて愛犬の老化を感じます

そして15歳の我が家のおじいちゃんワンコ2匹

犬にとって体に大きな変化が訪れる年齢なのか、一日一日で体調がころっと変わってしまうことが多くなりました。

朝、起きると一番最初にするのは、ワンコ達のケージを順番に覗いて

毎朝、「今日も元気?」と声を掛けることです。

声をかけると、ゆっくりと頭を起こし、ちょっとだけ尻尾を振る姿に、今日も元気で良かったと安心する母ちゃんです。

スポンサードリンク