犬のしつけ、飼い方

トイプードルの偏食どう直す?必要なのは飼い主の根気です

白い食器とカトラリー

数年前までは、ドッグフードもおやつも食べることに興味がない風花に家族は頭を痛めていました。

でも今では、なんでも美味しそうに食べてくれます。

ときには台所をウロウロしながら、どこかに食べ物が落ちていないか探してみたり

食欲のない犬のフードやおやつを、こっそりいただいていることもあります。

お願いしてお願いして、やっと食べてもらっていた日がウソのようです。

 

ドッグフードを食べてくれないトイプードル

今でこそ「おやつ」も「ドッグフード」も残さず食べるけど、生まれてから5年間は超~偏食プードル。

家族がお願いしながら手のひらから食べさせたり、スプーンですくうと食べるという変な癖までついてしまった犬です。

現在、体重3.4kgの風花は、当時はガリガリで目はぎょろぎょろの2.5kg。

食いつきが良いドッグフードを探し、肉やサツマイモなどのトッピングを乗せても、気が向けば食べてあげるわみたいな感じで匂いを嗅いでは、プイと顔をそむけることはしょっちゅうでした。

スプーンを使ってお口を「あ~んして」で食べる犬

我が家の娘の横に座っている時は、一口ずつでもどうにか食べるので、トイプー風花だけ家族が食事中、テーブルの上にドッグフードを準備し一緒に一口ずつ食べさせていたのです。

でも、効果があったのは暫くの間だけ。

だんだんとエスカレートする食べ方は、最後は食卓テーブルに風花用のフードとスプーンを用意し、首にタオルを巻き、母ちゃんがゴハンをスプーンで一口ずつ口元まで運んであげると食べるようになってしまいました。

完全にトイプードル1匹に振り回される毎日を送っていたのです。

家族が風花の食欲に振り回される

さんざんいろんなことをし、このままで行けない事は分かってはいたものの、一緒に暮らしていても風花はおばあちゃんの犬です。

風花が進んで食べるようになるまで放っておくことが、おばあちゃんにはできません。

食べずに胃液を吐くとそれだけで心配になってしまい、結局、人が手をかけないと食べなくなる犬になってしまたのです。

犬が食欲がないと心配は大きくなるばかりです

食べないことで栄養不足になってしまっている風花は、しょっちゅう熱を出しては動けなくなる犬でした。

もしも将来、食事制限で限られたものしか食べられない状態で、偏食のため食べない日が続いてしまったら、それこそ命にかかわるかもしれません。

「食べたくないなら食べんでよろしい」と根気勝負に持ち込んだ

おばあちゃんを説得して、風花が食べるまで「食べて、お願い」なんて言わない事を約束させ、母ちゃんと風花の駆け引きが始めったのです。

しかし、なかなか食べない風花が心配で、途中でおばあちゃんが「風花の体が弱るからやめよう」と何度も言いだしました。

最終的には、勝負は母ちゃんの根気がちで終わりました。

なんと食べてくれなかった期間は1週間!!

この間、少量の水だけで生き延びた頑固者です

かなりの頑固者は、獣医さんからも「1週間も食べなかったワンコは初めてですわ」と言われるほどでしたから、筋金入りの頑固者トイプードルです。

その後は時々食べない日もありましたが、知らない顔をしていれば翌日にはすべて食べてくれるようになりまして、体重は2.8kgまで増加しました。

トイプードルの味覚・嗅覚に合うドッグフードに出会えた!

そんなトイプードル風花の偏食を完全に治してくれたドッグフードに出会いました。

ウルトラミックス

C&Pウルトラミックス特にお気に入りはフードの中に入ってるバナナチップ&クランベリー

ウルトラミックス

毎食フードボウルからドライフルーツだけを取り出し、きれいに一列に並べ置く変わり者トイプードル風花
主食のフードを完食後、美味しそうにドライフルーツを味わう癖はなんでしょうかね?

でもね、このフードに入ってるクランベリーの量って少なくいから、クランベリーをフードの中に発見した時は必ず風花にあげるようにしています

[kanren postid=”14145″]

魚のおやつを美味しそうに食べるトイプードル

そんな超偏食を克服したトイプードル風花は、今ではなんでもガッツリと食べる犬です。

お魚一本まるごと食い。がっつり頭から食べるタイプの風花

ジャーキーを食べる犬

上手に前足で抑えてアムアムするの

必死に噛む犬

残りが少なくなってきても必死に前足使ってたべるのよね

前足でおやつを押さえる犬

 あの食べてくれなかった数年間が嘘のように食い意地が張っている風花

現在は季節の変わり目には体調を壊すことがあっても健康で毛並もきれいになりました。

愛犬が食事を食べない事で心配している飼い主さんは、どこかで犬との関わり方を見直さないと偏食はなかなか治らないものです。

なかには、いつも食べているドッグフードの表面の油のコーティングが酸化した匂いが嫌いで食べない犬もいます。

飼い主さんの根気と、ドッグフードの見直しはかなり重要ポイントですので、食べないからといって人の食べ物を分けてあげるのだけは止めておきたいものです。

[kanren postid=”20766″]

スポンサードリンク