犬多頭飼い生活

多頭飼い生活満喫中!犬6匹と一緒に散歩する姿は注目の的

春の公園の散歩

久しぶりに休みらしい一日。のんびり近所のスーパーに買い物に行き、愛犬達とお昼寝をした後に全員一緒に散歩。

特別なイベントやお出かけはないけど、こんな時間の過ごし方が多分一番大好きな母ちゃん。

ワンコ6匹も、母ちゃんが自宅でのんびりしていると、いつもより、甘えん坊になっているようです。

犬と一緒に生活していると、自宅から出たくなくなってしまうため、外出することが少なくなるのが最大の問題です。

愛犬6匹のリードを一人で操る母ちゃん

トイプードルの空&風花は、ほぼ毎日、一緒に仕事場に行きます。

母ちゃんが仕事中、お留守番のミックス犬「大吉」トイプードル「ミルク」「花」「小雪」の4匹は、おばあちゃんが2回に分けてお散歩に行きます。

いつもはバラバラに散歩を楽しむワンコ6匹ですが、仕事が休みの日には全員一緒に散歩に行きます。

人間一人と6匹の犬達。リードはすぐにグルグルと手首から先は組みひも状態となってしまいます。

リードをそれぞれに装着し、玄関を出るときには、すでにグルグル状態

大騒ぎしながら玄関をでるときから、個性を発揮する6ワンコ達

行く気満々・団体行動拒否・門扉にマーキング。6匹いれば出かけるまでの行動もいろいろで大騒ぎです。

多頭飼いの散歩は、 犬社会がちゃんとしていないと難しい

大騒ぎする犬達

のんびり歩きたい犬

誰かとすれ違う度にビビって動けない犬

どんな人でも尻尾を振ってすり寄る犬

歩いている犬を発見するたびに吠える犬

あっちフラフラ、こっちフラフラと歩く犬

前だけ見てグングン歩く犬

まったく違う動きをする犬を一人で連れ歩く犬の散歩姿は、とても珍しいのか停車中の車から指をさしながら見る人もいます。

お散歩途中ですれ違う人たちからは、「大変ね~」とか「お利口ね~」とか沢山声をかけていただけます。

多頭飼いの犬の散歩は、ある程度、犬社会が成立しているからこそ、母ちゃんが一人で連れ歩けるのかもしれません。

お散歩の途中だって、集中力はあるものです

河原でおやつ時間

散歩の途中、他のワンちゃんとすれ違う時に、吠えて迷惑をかけないために、おやつで、意識をそらせます。

美味しいものを貰う時には、性格がバラバラの犬6匹も、視線は一点集中です。

先週まで体調が悪かったミルクも今日は元気に歩いて、散歩の途中でもらうご褒美のおやつに真剣です。

公園で遊ぶ老犬

寒さが厳しくなるとシニア組の体調が時々悪くなるけど、気分が良くって天気がいい時は出来るだけ散歩を楽しみたいものです。

てくてくてくてく・・・・6ワンコ連れての30分散歩

母ちゃんにとっても良い運動
ワンコ達にとっても良い散歩

お家に帰ったら、人も犬もお茶の時間。自宅で過ごす時間ばかりが増えていきますが、やっぱりこんな時間が幸せで大好きな母ちゃんです

スポンサードリンク