犬と暮らして気になったこと

犬がウンチを咥えて歩く。困った癖の原因はなに?

真剣な顔のトイプードル

我が家は6匹のワンコと暮らす大家族です。

ミックス犬1匹+トイプードル5匹。どのワンコも個性豊かでそれぞれが困った癖があったり、たまらなくカワイイ癖を持っていたりするのです。

そんな個性豊かな癖は、室内トイレでの排泄行動にもあらわれます。

多頭飼いの朝、トイレの順番待ちで大騒ぎ

我が家の6ワンコ、母ちゃんが朝起きると各ケージから一斉に出してもらい、ワンコトイレの前で、「ワンツー!ワンツー!」と声掛けする中、順番におしっこ&うんちをしてくれます。

朝のお散歩は母ちゃんの体調の都合上、同じ時間が毎日確保できないため現在中止をしていますので、毎朝、玄関近くに設置された犬のトイレにワイドシーツをドンと広げて順番にトイレを済ませてくれるのです。

上手に室内のトイレシートで、排せつを済ませてくれる6ワンコ達ですが、なにせ犬6匹の大家族そこそこ大きなトイレでも、出入り口は一か所しかありません。

母ちゃんの掛け声一つで、順番を守って犬用トイレを使ってくれるワンコ達でも、どうしても、排せつが我慢できない事もあり、トイレシートに顔だけ向けて、床にジャージャーとしてしまう犬もいるわけです。

オシッコがトイレーシートからはみ出し、床がベタベタになることもあれば、ウンコをしながら走り回って、床に散乱してる時もあります。

多頭飼いの家では、まあ仕方がない事です

犬だって素直にトイレに行きたくない日もある

へらへらと笑う犬

トイレを失敗することもありますが、それなりに聞き分けのいい6ワンコ達ですから、母ちゃんの「ワンツーワンツー」の掛け声でおしっこもうんちもしてくれます。

でも、おしっこはしてくれるけど、なかなかウンコはしてくれない日もあります。

そんな時、母ちゃんはリビングから、ワンコ達がトイレに行くのを見張るのです。

しかし、母ちゃんも朝は忙しいので毎回きちんと犬6匹を見張っているわけにはいきません!!

母ちゃんが家事や仕事に没頭している隙に、トイレシートのうえは、うんこやおしっこがいっぱいになっていることもあります。

まあそれもしかたがないことです。

トイプードル風花の母ちゃんを責める変な癖

そんな毎日の中、最近一番困った癖を持ってしまったのはトイプードル風花です。

仕事が忙しく母ちゃんがうっかりと、犬の排せつ物を片付けるのが遅くなってしまった日が続きました。

風花には、どうしても母ちゃんが犬達のウンコを片付けるのが遅いのが許せないようでして、ちょっとでも、片付けが遅れると

ウンチを咥えて持ってきて母ちゃんの横に「ぽろっ」と置いていきます

最少は偶然だと思ったのです

何度も繰り返すうえに母ちゃんが朝寝でグーグーしてる時には、新聞を読んでるばあちゃんの横に「うんち」の置き土産をしました。

しかも、妙に怒った顔で置き土産をしていきました。

まるで

「片付けんかい!!」

みたいな感じで置いていきます。

トイプードル風花としては、まったく悪気はないのでしょう。

どちらかといえば、片付けを手伝ってるつもりでしょうが、母ちゃんとしては、ウンチを咥えて持ってくる、そんなお手伝いは勘弁してほしいわけです

そんなに片付けない母ちゃんに腹が立つのなら、犬のトイレの前で吠えて呼んでくれればいいのですが、わざわざ持ってきてくれるのは、大変ありがた迷惑と言うものです。

この際、そこまで犬のトイレに綺麗さを求めるのなら、人用のトイレの便座を開けて捨てていただきたいなと、母ちゃんは要求したいのです。

まあ、無理なんでしょうけどね

トイプードル風花の大きなお世話は治ったのか

何度も「うんち」を咥えて母ちゃんの横に置き、そのうちに、ウ~と低い声で鳴くようになってしまいました。

母ちゃんも反省して、出来る限り犬のトイレタイムには目を光らせるようにし、排泄物はさっさと片付けるようになりましたら、トイプードル風花の変な癖は、すっかりと治りました。

二度とこのような行動を、愛犬に取らせないように、母ちゃんは頑張らせていただきます。

スポンサードリンク