犬と暮らして気になったこと

犬の快適温度。暑さ対策のためのエアコン設定温度と湿度

ギラギラする夏の日差し

毎日蒸し暑い日が続いていますが、皆さんのお宅のワンちゃんはお元気ですか?

我が家は元気なトイプードルが2匹。そこそこ元気なトイプードルが2匹。体がだるそうなトイプードル1匹とミックス犬が1匹といろいろです

このいろいろな体調の犬達に合わせて毎日朝からエアコンがフル稼働中

でも、それぞれが快適な温度が違うために温度設定が非常に難しいのです。

犬の体に負担がかからないクーラーの温度

犬は寒さには強いですが、暑さには弱い生き物です(犬種によっては寒さも苦手です)

犬は気温22度、湿度60度を超えると熱中症になりやすいと言われています。

人ならこの温度と湿度なら快適に過ごせるのですが、全身が毛におおわれている犬にとっては、つらいんですね。

犬にとって負担にならない温度が分かったとしても、真夏に犬が快適に過ごせる一番いい温度にするのは、外気温との差がありすぎて人にも犬にも優しくありません。

冷え過ぎた室内と散歩中の外気温の差の問題

犬の熱中症を一番に考えたなら室温23~24度がベスト

ですが、この温度設定の中で生活していると散歩で外に出たとき外気温との差が大きすぎるのは、犬が夏バテや秋バテを起こす原因にもなっています

人が快適に過ごせる温度設定は26度~28度ですから、この温度設定よりも1~2度下げ湿度50%くらいであればら、犬の体に負担がかからず過ごせるでしょう。

快適に過ごせる冷やし過ぎない冷房温度設定

基本的にはエコを意識して26~28度設定の我が家

この温度で6ワンコ中5ワンコは快適に生活をしていますが、28度では不服があるのが1匹います

柴犬+ラブラドールのミックス犬の大吉おじさんは、ダブルコートの毛並みが、しっかり夏毛になっているのですが、

設定温度が28度だとハァ~ハァ~と息を荒くし、辛そうな表情をするので27度設定にしてあげると、気持ちよさそうに眠りだすのです。

窓辺のグリーン
部屋にこもる犬の臭い!真夏も冬も窓を開けたい!換気をしたい台風の接近に伴い、湿気でムシムシし、日本の夏の辛さを体感ていた一日でした。 毎晩の熱帯夜でエアコンのスイッチが切れませんが、夕方に...

ダブルコートの犬は温度が1度あがると目が覚める

気持ちよさそうに眠る大吉の横で静かに手を前に差しだし、目覚めない事を母ちゃんは確認します。

確実に眠ったのを見計らい設定温度を1度上げ、エアコンの温度計が28度

省エネで、体にも負担がない温度になったとたん

設定温度

ミックス犬の大吉おじさんは、むくっと起きだし、こんな表情で壁に向かって荒い息遣いを繰り返します。

暑くて辛そうな老犬

飼い主に暑いと訴えることが出来ない犬

なぜ、冷房の設定温度が自分の体には暑いことを壁に向かって表現するのか?

なぜ母ちゃんの方を見ながら、はぁはぁ~と言わないのか。

この大吉の変な癖は、以前に母ちゃんを見つめすぎてトイプードル軍団にいじめられた過去があるからなのです。

大吉は何か要求があるときには、母ちゃんに背を向ける形で後姿で語る男なんですよ。

そのためエアコンの温度を下げて、快適な眠りを希望するときには、壁に向かって熱い息を吐き続けるのです

熱帯夜で目が覚める犬

てな感じで体全体でゼ~ハ~ゼ~ハ~(-_-;)としっぱなし。

老犬の大吉に合わせて温度をまた1度下げる

母ちゃんは別に28度設定で快適に過ごせます。

でも、大吉おじさんが暑くってゼ~ハ~ゼ~ハ~しだすと、可哀想になって1度下げるんですね。

すると

エアコンが好きな犬

お気に入りのクッションの上で、くるりと向きを変えたかと思ったら、ゼ~ハ~ゼ~ハ~していた事を忘れたように。口をとじ穏やかな顔つきに変わるんです。

そして、ウトウトしだし快適な温度の中、眠りだします。

27度以下が好きな犬

じつに幸せそうな眠り姿の大吉おじさんです。

エアコンで冷えすぎるのを嫌がるトイプードル

ところが、大吉の快適温度に合わせると困ってしまうのがトイプードルの花母さん

動かないトイプードル

真夏の暑い日中でも、窓際に行ってへそ天で眠るほど暖かな場所が大好きなトイプードルの花母さん

エアコンの冷房設定温度が28度なら、体をノビノビさせ眠るのですが、一度下げた27度設定になると、背中を丸めて小さくなって眠りだします。

そして、母ちゃんに自宅トリミングでバリカンでカットされた日は、体を守ってくれる毛並みがなくなるためさらに寒がるのです。

多頭飼いではエアコンの温度調整をどこで合わせるか

人間の家族も、祖母ちゃんと母ちゃんだけなら28度設定でOKだけど子供たちは、この温度では暑くって不服

どのあたりで快適な温度の折り合いをつけるか人もワンコも非常に難しいところです。

大吉は暑さと湿度管理をしっかりしないと体を掻き毟るため、結局大吉の快適な温度に合わせて調整するのです。

そうなると寒さが苦手なトイプードルにとっては体が辛くなるため、真夏でもフワフワなタオケットやボアの犬用ベッドをトイプードル達ようにリビングに置いておきます。

そして、母ちゃんとおばあちゃんは真夏でも靴下を履いて生活をします。

家族が多いと、誰かが我慢をしないといけないのは仕方がないんですが、一番我慢しないといけないのは母ちゃん&ばあちゃんみたいです・・・

スポンサードリンク