犬と暮らして気になったこと

ドイツが犬税を導入した理由と日本の犬税との考え方の違い

外国の犬

我が家は犬6匹の大家族ですから、毎月かかるドッグフード代フィラリアの薬・狂犬病代・予防接種トリミング代に医療費

結構な出費ですが、もしこれに、犬の税金が加わったら、想像するだけで頭が痛くなります。

この数年で、犬の多頭飼いを楽しむ家族も多くなってきた日本

犬税が始まってしまったら、頭が痛くなりそうなのは母ちゃんだけではないでしょうね。

犬の税金って聞いたことがありますか?

沢山の犬達

ドイツでは犬を飼うために義務付けられている税金。この制度の導入された理由は、無責任な飼い主を減らすためだそうです

ドイツでは犬に十分な飼育スペースや運動、飼い主との交流、しつけを与える法律的義務が飼い主に課せられています。

違反すると動物虐待罪に問われます。

また自治体によって違いますが、犬1頭につき年間70ユーロ(約9千100円)から140ユーロ(1万8千200円)程度の犬税を収めなければなりません。

この犬税は多く飼うほど割高になります。これは犬の繁殖、売買を防ぐ目的があります。また外出時に犬は登録番号をつけることが義務づけられています。

犬を可愛いからと衝動買いして育てられないと言って、放棄してしまう無責任な飼い主を増やさないためには良い制度だと思いますが

我が家のような多頭飼いの家族にとってはかなり厳しい制度でもあります

しかし、時々ニュースで報道される多頭飼いの飼育放棄などと言った無責任な育て方は、出来ない制度何でしょうね

では、この犬税、日本では導入する可能性はあるのでしょうか?

日本では過去に犬税が導入されたこともある

犬一頭当たりに課税された税金とした「犬税」は、昭和30年には、全国約2,700市町村で犬の飼い主が払う税金で、昭和57年に最後に廃止になったのです。

長野県東筑摩郡四賀村では一頭当たり300円/年額で約15万円の税収入があったそうです

そして、最近では大阪府泉佐野市で、犬の糞害対策にあてるために犬税の導入を検討していたそうですが、こちらは導入を見送ることにしたそうです。

各国の犬税導入方法と税の使い方

犬税の導入についてドイツ以外ではオーストリア、オランダ、フィンランド、スイス、チェコなどがあります

各国の犬税の使い方については犬の糞などで汚れた街の清掃費用や、犬の糞始末のために街中に用意されたエチケット袋などに利用されているようで大阪府泉佐野市の導入理由と同じですね

ドイツでは、このような糞害対策として導入ではなく、無責任な飼主を減らす為に導入された税制なのです

この制度が日本で今後導入されるかは、かなり難しい問題だと思いますが、このような税金を徴収されずとも無責任な飼い方がなくなれば犬税の問題が取り上げられることもないのでしょう

スポンサードリンク