犬のしつけ、飼い方

犬のトイレの設置場所、南北に広い方が失敗する確率少ないの?

クロスタイプのマナーパンツ

犬は「うんち」をするときに南北の方角に向いて用を足す話が以前「志村どうぶつ園」で放送されていました。

さて、我が家の愛犬6匹はどうなんだろう~と、ちょっと観察をしてみたところ・・・・・・全員バラバラです。

なんせ、6匹一緒にお散歩に行くので、お互いの邪魔にならない様、うんちをすることが最優先です。

うっかり好き勝手にさせておくとお互いのウンチを踏んで歩いたり、オシッコをしている犬の股の臭いをかぎに行ったりするためリードをチョイチョイト動かさないと危険。

あっち向き~こっち向き~で犬達は用を足しています。

しかし、トイプードル風花だけは、用を足す方向にこだわりがあるのか、グルグルと高速回転をしながらウンコをする方角と場所を必死に決めるのです。

この時、南北の方向を向いて、うんこをしているかどうかを、しっかり確認したことはありません。

どうして、犬が南北を用を足すときに、南北にこだわるのか気になるところです。

犬がウンコを南北向きでするのは地球の磁場を感じている説

南を見つめる犬

「志村どうぶつ園」で放送されたこの調査を行ったのはチェコとドイツの研究チーム。

37種類、70匹の犬に協力をしてもらい7,475回の犬の行動の詳細を記録したそうです。

調査対象になった犬の行動は、食事を食べる・体を休ませている様子そして「うんち」「おしっこ」の排せつ行為の様子を2年もの間調査をしたそうです。

この調査で犬は地球の磁場が緩やかになるときに、南北の軸に沿って用を足し、東西の軸はなるべ避けることを研究者たちが発見したそうです。

そして磁場が不安定なときには、東西南北に関係なく用を足すためそうです。

犬はなぜ磁場が分かるのでしょうか?

一部の生物には「磁覚」という磁場の方向、強さ、場所を、知覚するという能力があるようで、この機能が犬にもあるようなのです。

この「磁覚」によって、地球の磁場を感じとり、用を足す方向を決めるのではと言うことです。

しかし、地球の磁場は何時も安定しておらず、太陽が出ている間は、磁場は20%ほどしか安定していないそうです。

そのため、何度も繰り返す実験の再現が難しい事となっているようです。

まあ、磁場が犬の行動に影響を与えているのは何となくわかりますけど、そもそも、犬が南北の軸にそって用を足す理由ってなんなのでしょうかね?

実のところ、犬が南北に向いてうんこをしたがるのかは、実験を繰り返すもいまだに謎が多いようなのです。

快適トイレ生活のために南北に設置がいいの?

それでは、この犬の排せつの謎を利用し犬のトイレを設置すれば、トイレシートから、おしっこも、うんこはみ出すことがないかも知れませんね。

謎は多いの用を足すために安定する位置ぐるぐる回って探すの最初っから南北にすっと入れる形にすれ落ち着いて用を足せるようになるかも?なんて考えてみるのです。

ただし、地球の磁場が安定していない時間に南北に向いて用を足すわけではないので、効果は???ですけどね

我が家は犬のトイレは東西に長細く設置しています

自宅の犬のトイレは東西に長く設置してあるため毎回こんな感じで用を足すトイプーの空

トイレで踏ん張る犬

以前は南北に長く設置してあったんです

朝のトイレラッシュ時には、同時に3匹が用足しに入ってしまい大騒ぎになるため、幅を半分にして現在の形にしました。

不思議なもので、入り口が縦長か、横長かだけでも違うのでしょう

今では落ち着いて順番を待ちながら全員が順番に排泄できるようになりました。

困った表情のトイプードル

もしかすると、地球の磁場が安定している時間に、一緒に並んで排せつをしようとしていたのかもしれませんね。

東西に長くしたことで、同時に入れなくなり、一匹ずつお利口にトイに入って用を足す我が家のワンコ達です。

スポンサードリンク