Butch(ブッチ)ってどう?犬達と一緒に実食!口コミしてみました

ブッチ

ドライフードや缶詰、生食とも違う!ニュージーランド生まれのドッグフードButch(ブッチ)

Butch(ブッチ)は、数年前から「いいフードだよ」と、犬の食事に関心の高い飼い主さんから噂に聞いていた“無添加”生ペットフードです。

最近、食べ物の匂いに鈍くなってきた老犬と、まだまだ元気いっぱいな犬のために、Butch(ブッチ)トライアルセットを購入!

見た目は巨大なソーセージのようなドッグフードを、今回も人間代表で母ちゃんも一緒に試食しました!

開封したときの匂いや、犬達の食いつき&反応を口コミレビューしてみましたので、気になっている飼い主さんは参考にしてくださいね。

“無添加”生ペットフードドButch、どんなドッグフードなの?

ブッチ

見た目はまるで「巨大なソーセージ」のブッチ

日本ではドッグフードといえば「カリカリ」のドライタイプが主流ですよね。

でも、ニュージーランドではブッチのようなドッグフードは、かなり一般的なドッグフードのようでして、ブッチ以外にも多くのものが販売されているそうです。

ブッチ

画像参考:http://www.butch-japan.jp/about/history

ニュージーランドに数年住んでいた知人によれば、原産国のニュージーランドではButch(ブッチ)は、犬の食事としては人気が高く、普通にスーパーで購入して、冷蔵庫にドン!!

冷蔵庫の棚の一段は、愛犬の専用にしてるほどブッチは一般的なドッグフードなんだそうです。

ブッチの特長とこだわり

牧畜の盛んなニュージーランドでは、牛や羊の数は人口の10倍以上

その牛や羊は理想的な放牧で肥育されていますが、広大な土地、沢山の牛や羊の牧畜に欠かせない存在が牧羊犬です。

ブッチ・ペット・フーズ社は、牧羊犬たちが病気になった際、食の面から支援するために1964年に創業されました。

  • すべての原材料はニュージーランド国内産
  • 食肉として最高級の「輸出グレード」を使用
  • 生肉に近い水分量
  • 無添加・グルテンフリー
  • 肉類の含有量が多く、高タンパク・低脂肪

ドッグフードの食材として最高基準のものを使用しているブッチ

犬の食事には原材料からこだわりたい飼い主さんには、安心して愛犬に与えることができるペットフードの一つでしょう。

ブッチの味と香り!飼い主と犬4匹で試食してみました

ブッチの犬用フードには3種類あります。

原材料が違えば、味も香りもかなり違ってくるもので、犬によっては苦手な味や香りもあるでしょう。

我が家の場合、4匹とも「肉」や「魚」など全員「ガッツリ」食べてくれますが、実際に3種類を食べさせてみると微妙に反応が違いました。

注*母ちゃんの実食感想は、個人の味覚や嗅覚による判断です。

ブラック・レーベル

ブッチ・ブラックレーベル

ブッチの中で一番人気商品。

環境規制が世界一厳しいニュージーランド産のビーフとラムの赤身を主体にチキンを配合(肉類は総量の76.5%)

ビーフとラムが主体のドッグフードのため、一番色が濃く、匂いも強い

馬肉の生肉やジウィピークなど、肉々しい食事をしているからなのか我が家の4匹の犬達が一番興奮したのがこれ!

切っている最中から、全員がハウスの扉をカリカリするほど大喜び!

母ちゃん味の感想→ちょっと複雑な高級ソーセージのような感じ!美味しいけど人間的には香りも味もくせが強い

ホワイト・レーベル

ブッチ・ホワイトレーベル

100%チキン(肉類は総量の80%)

毛色の薄い犬に。 アレルギー等で赤身肉に敏感で苦手な愛犬に最適。

チキンのみ使用のため、口の周りが赤茶色に染まりにくい。

チキンが主体のドッグフードですので、開封後一番なじみ深い香りがします。

切っている最中には、空と風花はハウスの中でピクン!と反応し、扉をカリカリして催促!

4匹の犬全員、美味しく完食しました。

母ちゃん味の感想→見た目、味、香りともに「美味しそう!!」と人でも思ってしまうフード

ブラックレーベルに比べるとクセは少なく、黙ってだせば人も美味しく食べれちゃうレベルの味

ブルー・レーベル

ブッチ・ブルーレーベル

新鮮なチキンを主体に、新鮮な魚肉を配合(総量に対し、チキン67%魚25%、合計92%)

肉食獣である猫にも対応したユニークな犬猫共用フード。

魚が配合されているためなのか、香りは一番きつくなく、パセリが入っているからなのか、食後の口の匂いが少なかったのはこれでした。

そのため、嗅覚がかなり衰えてしまっているトイプーの花は、ブルーレーベルの入っているお皿を探すのに時間がかかりました。

魚が大好きな小雪は、空っぽになったお皿を、ずっと舐めてましたので、味としてはこれが一番好きだったかもしれません。

母ちゃん味の感想→見た目、香り、味ともに「高級魚肉ソーセージ」っぽい味がした。

舌触りはパセリ?のせいなのか若干ザラっとしたが、たぶん、3本の中で一番癖がなくドッグフードを食べる勇気が出る味だと思う

実食してみてウンチは変わった?

我が家の犬達の食事は、ドッグフードはできるだけお肉の配合の多いもの選んでいます。

それ以外にも、普通の肉や魚を焼いたり、茹でたりして与える、馬肉などの生肉を食べさせるなど、ドッグフードにプラスして食べているからなのか?

ブッチを与えた翌日の排便には、硬さ・臭いには大きな変化はありませんでしたが、ウンチの量は減りました

ほぼ「お肉」のブッチ、消化吸収がかなり良いのがわかります。

トウモロコシが丸ごと出てきた!

ブラックとホワイトにはトウモロコシが入っているため、翌日のウンチに驚くかもしれません。

トウモロコシがウンチに丸ごと出てきたのが花と小雪の2匹

空と風花は、半分以上潰れたトウモロコシが出てきました。

トウモロコシは犬にとって消化しにくい食材の一つです。

老犬になって消化する力が弱くなってる場合には丸ごと排出されてしまうので、犬の体調を知るうえで一つの目安になりそうです。

無添加生ペットフード「ブッチ」3種類!どれが一番おすすめ?

栄養素的にはどれを与えてもOKですので、犬の味の好みや体調で選べばいいと思います

  • 同じものが続くと飽きちゃうワンコならローテーションで!
  • 赤味のお肉が苦手なワンコならホワイトレーベルで!
  • 痴呆の予防を食事でしたいなら、魚が配合されているブルーレーベルで!

とはいっても、どれが我が家のワンコに合うのかわからない場合は、まずは3本セットのお試しをしてみてください!

>>>ブッチ愛犬お試しセットはこちらから

全年齢対応だけど、本当に老犬でも大丈夫なの?

ブッチ

ブッチは全年齢対応ドッグフードですから、子犬から老犬まで安心して食べさせることができます。

しかし、お肉の含有量が多いブッチを運動量が少なくなった老犬に本当に食べさせてもいいのだろうかと、気になる飼い主さんもいらっしゃるはずです。

老犬のためにと低脂肪、低カロリーのドッグフードを選びすぎて、お肉の含有量をグッと減らしたドッグフードを選んでしまっていませんか?

加齢により筋肉量が減っていく時こそ良質なたんぱく質を削ってはいけません。

老犬のドッグフード!タンパク質の量と切り替えのタイミング

2014.04.12

ブッチは高タンパク、低脂肪のドッグフードです。

質の良いタンパク質を含む食事をさせることで、筋肉量を維持し体の衰えを防ぐことができます。

また、ブッチは生肉と同じ70%の水分含有度に調整してあるため、ドライフードに比べ消化吸収が良く、老犬の胃腸にも負担がかかりにくいのが特徴です。

歯が弱くなってきた、硬いものが飲み込みにくくなってきた犬や、筋肉の衰えが気になる老犬には、かなりおすすめのフードだと言えます。

ブッチの気になる問題点

美味しい!お肉がいっぱい!

ワンコ達にはいいことだらけのブッチですが、飼い主側の勝手な問題点は沢山あるんですよね・・・・

とにかく保存がめんどくさい!

ブッチのキャップ

ブッチは生肉と同じ70%の水分量で、酸化防止剤を使用していない「ほとんど生肉」のドッグフードです。

そのため、ブッチが自宅に届いたら「すぐに冷蔵庫」

また、開封後は冷蔵庫に保存して7~10日以内で食べきらないといけません。

我が家のように多頭飼いや大型犬の場合には、あっという間に1本完食できてしまうでしょうが、小型犬やトッピングで使っている場合には食べきれませんよね。

そんな時には、解凍して食べきれる量を小分けにして、冷凍保存してしまえば、賞味期限を「半年」伸ばすことができます。

Butch(ブッチ)冷凍保存

毎日、毎日、ワンコたちのために手作りごはんを実践されている家庭では気にならないかもしれません。

でも、今まで日持ちのするドライフードを主体に食べさせてい家庭では、面倒な作業が待ち受けていることになります。

冷蔵庫の中にブッチ専用スペースが必要になるかも?

クール宅急便で送られてくるブッチは、届いたその日から冷蔵庫に入れて保存しておかなければいけません。

冷蔵庫が小さめな家庭ですと、ブッチを保存しておく場所を確保する必要があります。

ブッチしか食べなくなったらどうしよう

ブッチ

よそ様のお行儀の良いワンちゃんなら大丈夫でしょうが、もう、我が家のワンコ達はブッチを切っている間中、よだれダラダラにしながら尻尾ブンブンです(;^_^A

ときには早くよこせ!!とばかりに、ガウガウとうなり声を上げだすのもいます。

これだけ犬を夢中にさせるブッチ

犬がこれ以外のドッグフードを食べなくなってしまうのではといった不安はあります。

ペットホテルに預ける、療法食しか食べられなくなった、災害時に餌を選べないなど、犬だって大好きなものばかり食べられない状況もあるでしょう。

愛犬が食べ物に強く「こだわる」タイプの場合は、ブッチはトッピングや特別な日の食事にしておくほうが良いでしょう。

Butch(ブッチ)はこんな犬におすすめ!

ブッチを食べる犬

ちょっと(かなりかも?)贅沢だけど安心して与えてあげることができるブッチ

どんな犬におすすめですか?と聞かれたら、

  1. 食べることが大好きな犬にも、食の細い犬にもおすすめですよと答えます!!
  2. ドライフードを食べさせているけど、お水を飲むのが苦手なワンコにもおすすめします!!
  3. 歯が悪くなった、消化吸収力が落ちて筋肉量が減ってきた老犬にもおすすめします!!

ブッチを愛犬に与える際には、家族の手間がちょっとだけ必要ですが、犬の嬉しそうな表情を見れば「また明日もあげるね」と言ってしまうはずです。

ブッチ、どこで買えるの?

ブッチは一部の店舗や楽天でも購入することができます。

でも、ブッチ・ジャパンの公式WEBサイトでお得な愛犬お試しセットを購入するのが一番お得です!

  1. ブラック・ホワイト・ブルー各1本(800g)をセットにした3本入り
  2. 保存用のキャップつき
  3. 送料無料

通常価格4374円が特別価格3000円ですので、初めてブッチを食べさせてあげたい飼い主さんには大変お得なセットです。

*この情報は2017年7月のものです、内容については公式サイトにてご確認ください。

また、楽天や店舗で購入したことがある方でも、ブッチ・ジャパンの公式WEBサイトを利用されるのが初めてであれば、このセットの購入は可能です。

ぜひ、この機会にブッチをお試ししてみてくださいね。

>>>ブッチ愛犬お試しセットはこちらから

新規バナー Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017