トイプードル5匹の話

犬の誕生日プレゼント。トイプードル風花、今日10歳になりました

寛ぐトイプードル

我が家には6匹の愛犬がいますが、母ちゃんがマメな人間でないため、愛犬の誕生日を忘れてしまいます。

他の犬をブログを読ませていただくと、実に皆様のまめさに驚くわけです。

愛犬のお誕生日を家族でお祝いし、楽しそうにケーキカットをするシーンを見てると、今度の年こそ、我が家もワンコ達のお誕生日会をするぞ!!と、その時は決心するのですが、

実の親の誕生日さえ、過ぎ去ってしまった後に思い出すどうしようもない性格

この性質を受け継いだ我が息子は、20才を過ぎた今でも、母親の誕生日を覚えておりません

トイプードル風花の誕生は忘れられない一日

我が家の女王様トイプードルの風花が10才になりました

こんないい加減な性格の母ちゃんですが、おばあちゃんのおかげで、トイプードル風花の誕生日はしっかりお祝いすることが出来ます。

トイプードルの花母さんの妊娠がわかった時に、トイプー風花と姉ワンコたちは全員すでに飼い主さんが決定していました。

この時、すでに4匹の多頭飼いだった我が家では、5匹目を育てるなんて全く考えていませんでした。

トイプードル花母さんが産んだ最後の娘「風花」

しかし、今までのお産が楽だったトイプードル花母さんは、このお産だけは難産

陣痛が始まり、一匹目、2匹目と順調に子犬を産んでいたのですが、最後の一匹がなかなな出てきません。

一匹目を産み終えてから、かなり時間も経過し、羊水もなくなってしまったのか、体の一部が出たまま、いきめなくなっていたのです。

いつもお世話になっている動物病院は、車で片道20分は軽くかかるし、獣医さんを呼んでる時間も結局は同じこと

母ちゃんは、決心して、トイプー花母さんのお産を補助しました

どうにか産まれたものの、呼吸が確認できず、口に詰まった羊水を吐き出させたりと、かなり必死だったことだけ覚えています。

難産で産まれた最期の子犬は手放せない

難産の末に産まれたトイプードルの風花。

産まれる前から決まっていた飼い主さんには小学生の娘さんがいて、トイプードルの子犬を家族に迎えるために、ずっと貯金していたそうです。

子犬が無事に生まれ、それぞれの飼い主さんにお産の報告をしようとしたのですが、我が家のおばあちゃんがどうしても手放せなくなってしまったのです。

結局、手放すかどうかをギリギリまで迷うこととなってしまいました。

何度も新しい家族になる予定だった方と話し合った結果

一旦は引き渡すことを決めたものの、2度と花母さんに出産させない事を決めてしまったため、家族が難産の末産まれた子犬と別れることが出来なくなってしまったのです。

そして引き取られる日にちまで決まっていたのに、我が家の勝手な気持ちで、新しい家族になる方にお断りの連絡をしました。

体が弱く、食べては吐くを繰り返すトイプードル

今では体重が3.2㌔~3.4㌔を行ったり来たりする健康な体型のトイプードルですが、5歳までは、2.5㌔~2.8㌔で目がぎょろぎょろした、やせ細った犬でした。

体調が悪くなると動物病院で点滴を受けないと、グッタリとしてしまうし、ちょっとでも散歩の時間が長いだけで、熱をだして数日眠ってばかりになる犬でした。

偏食に病気といろいろありましたが、今は毎日美味しくガッツリと食事を楽しみ、元気な10歳のおばちゃんワンコとなりました。

母ちゃんからのほんの気持ちのお誕生日プレゼント

毎年、うっかりと犬達の誕生日を忘れてしまうため、我が家は本当に産まれた日は無視して、全員が風花か翌月誕生日の空と一緒にお祝いをします。

母ちゃんが誕生日を忘れてしまうのもですが、7月に花。8月は風花。9月は空。10月は大吉。

11月はミルクと小雪。の誕生日を毎月しなければいけませんから大変です。

お誕生日のお祝いは、豚ミンチをそぼろにして

豚ひき肉
ドッグフードにトッピング6匹全員がっつりと早食い

食欲がある犬

そして最高の誕生日プレゼントは歯磨きのお休みです

超~歯磨きキライの風花にとって、きっと最高のプレゼントだったのではと母ちゃんは思うわけでございます

明日からは歯磨き頑張ってもらうからね(^m^)

スポンサードリンク